日本タイ協会

個人情報保護方針

サイトマップ

お問合わせ

タイ国情報出版出版助成事業講演会本寄贈プロジェクト図書室御利用のご案内フォトサロン神保町『日本タイ協會々報』復刻版スポット情報

 

HOME > 活動内容のご紹介 > フォトサロン神保町 > 戦前のタイ海軍の潜水艦艦隊

戦前のタイ海軍の潜水艦艦隊

日本タイ協会が保存している戦前の貴重な写真集の中から、今回は4隻の潜水艦の写真を紹介する。

この4隻は同型でいずれも三菱重工業神戸造船所で建造されたもので、昭和11年中に起工し、昭和12~13年にかけタイ海軍に完成し引き渡された。4枚の写真のうち、艦橋、備砲、ハッチの形状が明瞭に写されている4号艦の写真を大きく紹介し、念のため残り3艦も掲出した。艦橋の番号に注目願いたい。1号艦マッチャーヌ、2号艦ウイルン、3号艦シンサムッタ、4号艦プライチュンポーン、である。

『昭和造船史』 によるとこの潜水艦の基準排水量328T、水上速力15.7kt、水中速力8.1kt、魚雷45cm×8、備砲2、乗組員29名である。旧日本海軍では、小型の「波号程度であるが、単殻潜水艦として良くまとまった設計であった」と評されている。

暹羅協会会報11号(昭和13年6月)にも「暹羅国海軍潜水艦受渡式」の記事が見られ、その折の写真が残ったのであろう。なお、乗員は神戸で訓練を受け自力で本国に回航した。


4号艦 プライチェンポーン

タイの海軍と日本との関係は、1905(明治38)年に11名の留学生を受け入れたことに始まる。この11人は、これまでデンマーク人に依存していたタイ国海軍が自前で将校を養成するため、「国外に官費留学させた1期生であった。彼らは東京で攻玉社に2年半学び、海軍兵学校への進学を希望したが、何かの手違いでかなわなかった。


1号艦 マッチャーヌ


2号艦 ウイルン


3号艦 シンサムッタ

結局、タイ政府の注文した4隻の水雷艇と2隻の駆逐艦を建造中の、神戸の川崎造船で技師見習いとして研修を受け、最後に軍艦津軽で日本の海軍機関少尉候補生とともに3ヶ月間の実務教習教程を終了することが出来た 」のである。

       

その後のタイの海軍と日本との 関係も、微妙なものがあり、当時の状況に興味をもたれた方は、早大大学院村嶋英治教授の『ピブーン』をおすすめする。ところが昭和に入ると、その関係も変わってくる。

内訳は、上記の潜水艦4隻、砲艦2隻、海防艦2隻、哨戒艦3隻、輸送艦・給油艦3隻である。これらの艦艇の写真が少なからず弊協会に残されている。

こうした、艦艇のうち、砲艦アユチア、砲艦トンブリはこの後数奇な運命を辿ることになるが、海防艦メクロンはサムットプラカーンで今なお博物館として残っている。予定の紙数も尽きたので、今回の潜水艦のその後を含め、日本製軍艦の活躍などは次号に続けたい。


(社)日本造船学会編集,『昭和造船史』502-504頁、原書房、昭和52年。

村嶋英治、『ピブーン』11頁、岩波書店、1996年。

日本タイ協会

〒101-0051
東京都千代田区神田神保町2-19-3 神保町ビル別館2階

電話:03-3263-9112 FAX:03-3263-9113 地図・交通のご案内