日本タイ協会

個人情報保護方針

サイトマップ

お問合わせ

タイ国情報出版出版助成事業講演会本寄贈プロジェクト図書室御利用のご案内フォトサロン神保町『日本タイ協會々報』復刻版スポット情報

 

#

『パープ・ジープン』
       を探しています


戦時中に財団法人日本タイ協会
が発行した、タイ人向けに日本を
紹介した雑誌
『パープ・ジープン』
を探しています。

本来、当協会に保管されている
べきものですが、空襲で焼けて
しまったか、あるいは、戦後の
混乱で紛失してしまったのか
不明ですが、当協会に残って
いません。

お心当たりの方は、当協会まで
ご一報いただけますと幸いに存じ
ます。

<連絡先>
住所:〒101-0051
    東京都千代田区
        神田神保町2-19-3
TEL: 03-3263-9112
e-mail: 
nihon-thai.kyokai@joy.ocn.ne.jp
担当: 吉田、金子

HOME > スポットイベント:「タイ」フォーラム

21年度 スポットイベント

 

定員に達しましたので、受付を終了しました。

「タイ」フォーラム<タイの魅力-タイは私をなぜ虜にしたのか?>を開催します。

締切:8月28日(金) なお、会場の都合上、先着順に受付を行います。定員に達した場合は、申込期限前に締め切らさせて頂く場合もございますのでご了承願います。

主催: タイ王国大使館、財団法人日本タイ協会、日本タイクラブ
後援: 日本経済新聞社 日メコン交流年2009事業
日時: 2009年9月4日(金)
会場: 三井住友銀行 丸ノ内クラブ
       (駐車場はご用意できませんので、ご了承賜りますようお願い申しあげます)
      東京都千代田区丸の内2-2-2 丸の内三井ビル11階
      TEL (03)3212-0271
参加者数: 100名
参加費: 無料

開催の趣旨

東南アジアには多数の国々が存在している。その中でも、日本とずば抜けて長い交流の歴史を有するのはタイ王国である。日系企業が会員であるバンコク日本人商工会議所の会員数は1300社にものぼり、在タイ日本人の実数は、約7万人と推計される。

しかも、ここ数年の日本からの観光客は年間100万人を超えている。実に多くの日本人が、タイと関わっているといえよう。なかでも、最近はシルバーステイ先としても人気がある。
また、これといった目的がないのに、タイを訪れ、「浮遊している」日本人が多いのにも驚かされる。

なぜ、日本人はタイに魅せられるのか。なぜ、タイは日本人を虜にするのか。きわめて興味深いテーマである。タイと関わりの深い方を招き、そのあたりを本音で語り合うのが本フォーラムの目的である。

タイは、現在政治的には混迷期にあるが、我々を魅了するタイ文化はいつも存在し、我々を待ち構えている。フロア参加者とも意見を交流し、タイの魅力を語り尽くしたい。

日本タイクラブ代表  赤木 攻

プログラム

午後1時30分 受付開始
午後2時 開会挨拶
午後2時10分 基調講演:「タイ国の魅力」
午後1時30分 受付開始
午後2時 開会挨拶
スウィット・シマサクン駐日タイ王国大使閣下
川嶋辰彦学習院大学教授
午後2時50分 休憩
午後3時 フォーラム:「私を虜にしたタイ」
進行役/赤木先生
パネラー/川嶋教授、木村元校長、内藤先生、いとうまい子さん(タレント)
午後5時 閉会挨拶
午後5時15分 タイ料理を囲む懇親会
午後6時30分 散会

 

「タイ」フォーラム出演者プロファイル

 

川嶋 辰彦(かわしま たつひこ) 秋篠宮文仁親王殿下の舅
学習院大学教授  学習院海外協力研修プログラム(GONGOVA)企画・実施責任者
キッズ・キッチン協会名誉顧問  財団法人森記念財団理事など日本の経済学者。研究の専門は、空間経済学、計量経済学・統計学、ODA・NGO論、ボランタリズム論。
日タイ間の学生交流やボランティア活動にも力をいれられており、またタイの山岳少数民族に関する講演などの活動も行われています。
赤木 攻(あかぎ おさむ)
東京外国語大学特任教授 大阪外国語大学名誉教授 日本タイクラブ代表
泰国猛虎会日本代表 元日本タイ学会会長
大阪外国語大卒業後、国立チュラロンコン大に留学。大阪外国語大教授、学長を経て2004年4月から大阪外国語大名誉教授、2008年4月から東京外国語大学特任教授。専門は東南アジア地域研究、タイ政治・社会論。プミポン国王のベストセラーの日本語版『奇跡の名犬物語』の翻訳も手掛けられました。
いとう まい子(いとう まいこ)
女優・タレント
愛知県名古屋市出身。1982年、ミスマガジンコンテスト初代グランプリ受賞。
いとうさんは、タイ好きとして知られており、日本語定期観光パンダバスのホームページには、いとうさんのカンチャナブリツアーの模様が紹介されています。
木村 滋世(きむら しげよ)
日本・タイ教育交流協会代表 元東宇治高等学校校長
30年前にタイのチェンマイ・チェンライを訪れ素晴らしい所だと感動、15年前の久御山高等学校の教頭時代に日本で初めてタイへの修学旅行を実施、東宇治高等学校の校長時代もタイへの修学旅行を継続、退任後も日本・タイ教育交流協会の代表として日本の学生のタイへの修学旅行の支援を行っています。
内藤 陽介(ないとう ようすけ)
郵便学者 NPO法人・郵便文化振興機構理事 元切手の博物館副館長
東京大学文学部卒業後、切手などの郵便資料から国家や地域のあり方を読み解く郵便学を提唱され研究活動に注力、国際切手展において金賞を受賞されています。
タイについては、2007年の日タイ修好120周年記念事業として、切手を通じて見るタイの観光と歴史のユニークな本『タイ三都周郵記 バンコク・アユタヤ・チェンマイ+泰緬鉄道の旅』を出版、さらに2009年、切手になったアジアの仏像から読み解くアジアの歴史の本『切手が伝える仏像-意匠と歴史』を出版されました。

(敬称略・順不同)

 

過去に開催したスポットイベント


2009年9月4日

「タイ」フォーラム
【テーマ】 「タイの魅力 タイは私をなぜ虜にしたのか?」    

 
 
日本タイ協会

〒101-0051
東京都千代田区神田神保町2-19-3 神保町ビル別館2階

電話:03-3263-9112 FAX:03-3263-9113 地図・交通のご案内